市販シャンプーの特徴

以前に触れた話題ですが

シャンプーの違いは

界面活性剤をどのように捉えて

配合しているのか、が違いです。

プロ用と市販品の売られている価格帯だけでも

10倍も違うものがあります。

主に市販で売られている多くのシャンプー

(1,000円前後)は石油系と称され、

界面活性剤を何からとってきているか、

の由来元で分けられています。

溶解力はとても強いので、

「お肌や髪がまだまだ健康だ!」

そんな人には使っていても

今のうちは問題ないでしょう。

ただしシャンプーは毎日一生涯のことです。

代謝が若いうちは

シャンプーで溶かしてしまった

お肌を守る皮脂膜も

すぐに再生するのですが、

年を重ねていくと代謝が

追いついてこなくなります。

強い溶解力で頭皮に必要な

脂分や水分は奪われます。

頭皮は砂漠のように乾燥していき、

紫外線や外からの影響を

受けやすくなって

頭皮はどんどん弱っていきます。 

一時的にトリートメントなどで

脂を補おうとしますが、

市販品のトリートメントの多くは

手触り重視です。

大手化粧品メーカーなどでは

収益性を優先した大量生産をしていて、

できる限りコストを抑えるために

少量でツルッとした質感を出せる脂を採用します。

そのランクの低い脂は、

酸化というサビのような状態を進行させていき、

過酸化脂質となります。

なかなかシャンプーでは

落とせない状態です。

トリートメントの頭皮への影響は、

頭皮に日々の積み重ねで

何層もサビを敷いてしまうことです。

皮膚呼吸もうまく行えず

代謝異常を引き起こす状態です。

仕事柄マイクロスコープを使って

何100人もの頭皮を見てきましたが、

代謝異常の傾向として

頭皮に毛細血管が見えない、

毒素が代謝されないので

赤みやかゆみを持っている

という方が多くいらっしゃいました。

頭皮の健康状態を知るには

頭皮の色を見ることです。

目安は信号を思い浮かべていただくと

イメージしやすいかもしれません。

青白いろうそく色が健康な頭皮です。

うっすら赤い毛細血管も見える状態で

毛穴もくっきり見えます。

逆に黄色から全体的に

赤みが強くなっていくほどに危険信号で、

脱毛やアレルギーの悪化などを引き起こします。

ケア方法を見直していく必要があります。

そんな状態を引き起こす原因は、

いつも使っているシャンプーや

トリートメントが大きな原因のひとつです。

先に申し上げた通り、

現在シャンプーの種類は

細かく分かれます。

「市販のシャンプーだけが悪い」

ということではなく、

あくまで大きな傾向として捉えていただければと思います。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事