界面活性剤を使用することによる影響


液体シャンプーに欠かせない界面活性剤には

洗浄の役割以外にも浸透の役割もあります。

ある実験では、妊娠直後のマウスに市販シャンプーを塗っただけで

受精卵が確実に崩れて死ぬことが報告されています。

しかも界面活性剤の濃度が2%を超えると急激に異常が増えます。

10%では受精卵の死亡率が40%にもなるのです。

市販のシャンプー剤には40〜50%含まれています。

たしかに、マウスを使った実験結果を

そのまま人間には当てはめることはできません。

しかし、受精卵に関しては人間の方が

化学物質にはずっと弱い場合が多いといいます。

ただ、本人に自覚症状がないため、

実際の被害が明るみにでていないだけです。

「界面活性剤はお湯ですすいで落とすのだから、人体に害はない」

という専門家もいますが、一生涯毎日のことです。

できる限り界面活性剤からの負担を減らしたいものです。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索